スペイン料理

ホーム >  スペイン広場 >  スペインギャラリー

スペインコラム

スペインフォトギャラリーです。

スペインギャラリー Vol.3食材いろいろ

カタルーニャの腸詰ブティファラ。すでに茹でたものがよく市場に出回るが、写真は生の状態で購入したものを炭火焼きにしているところ。香草入り、香辛料入り、キノコ入りなどもある。左のぐるぐる巻きはニスカロ茸入り。主な原料は豚赤身、脂身、タマネギ、塩、コショウ、ニンニク、パセリ、保存料など。完全に火を通して食べてください、という注意書き付き。  

ナバラ地方のチシトラ/Chistorra  原料は豚肉、ピメントン、塩、にんにく。こちらは保存料一切なしの手作り品。写真は、ひたひたの白ワインの中で火を通したもの。

イベリコ豚3枚肉の塩漬け/tocino iberico salado。甘みがあり、不快な臭みのない上品な味と食感。写真のようにごく薄く切り、温かい料理の上に載せて余熱で火を入れて提供したり、そのまま生で食べることもできる。短冊に切って野菜のソテーなどに混ぜることも。

左:マジョルカ島名物のソブラサーダ/sobrasada。チョーリソ類と同様、豚の赤身と脂身を塩とピメントンでマリネし、ペースト状にしてから腸などに詰めてから熟成させる。中身をスプーンなどで取り出してパンに塗るのが一般的な食べ方で、はちみつ、チーズなどを一緒に載せたり、クリームチーズを混ぜ込んだりすることも。写真は腸を使ったもので小さめ。膀胱や胃に詰めたものはラグビーボールほどの大きさ。 

サモラ産の1.5Kg極太モルシージャ/morcilla(豚の血の腸詰)。2011年に最優秀モルシージャ賞(!)を受賞。材料はタマネギ、豚脂、パン、豚の血、小麦粉、ピメントン、香辛料で、ほぼペースト状。他にもナッツ入り、米入りなど数種類ある。 
そのままでも、薄く切って軽く焼いても。

バックナンバー

スペインギャラリー Vol.31【キオスコ/kioscoその2】

スペインギャラリー Vol.30【キオスコ/kioscoその1】

スペインギャラリー Vol.29【ラ・マンチャ地方クエンカ/Cuencaその1】

スペインギャラリー Vol.28【年始のマドリッドのセントロ地区その2】

スペインギャラリー Vol.27【年始のマドリッドのセントロ地区その1】

スペインギャラリー Vol.26【アビラ/Avila 後編】

スペインギャラリー Vol.25【アビラ/Avila 前編】

スペインギャラリー Vol.24【マドリッドのコロン広場】

スペインギャラリー Vol.23【見本市サロン・デ・グルメ2016/Salon de Gourmet 2016】

スペインギャラリー Vol.22【野菜いろいろ】

スペインギャラリー Vol.21【ア・コルーニャ/A Coruna】

スペインギャラリー Vol.20【ムセオ・デ・セラ/Museo de Cera】

スペインギャラリー Vol.19【鶏の丸焼き】

スペインギャラリー Vol.18【アート・サイエンス・シティ】

スペインギャラリー Vol.17【バレンシアへの1泊駆け足旅行】

スペインギャラリー Vol.16【メルカード・セントラル/Mercado Central】

スペインギャラリー Vol.15【週末のランチに招待してくれる友人宅】

スペインギャラリー Vol.14【マドリート】

スペインギャラリー Vol.13【ナビダー】

スペインギャラリー Vol.12【エル・プエルト・デ・サンタ・マリアその2】

スペインギャラリー Vol.11【エル・プエルト・デ・サンタ・マリアその1】

スペインギャラリー Vol.10【ショーウィンドウ】

スペインギャラリー Vol.9【パルケ・エウロパ(ヨーロッパ公園)】

スペインギャラリー Vol.8【マドリッド市内東側サラマンカ地区周辺のバルやカフェ】

スペインギャラリー Vol.7【食材いろいろ】

スペインギャラリー Vol.6【 王族の庭園「レティーロ公園」】

スペインギャラリー Vol.5【飲食店の従業員食「まかない」】

スペインギャラリー Vol.4【クリスマスいろいろ】

スペインギャラリー Vol.3【食材いろいろ】

スペインギャラリー Vol.2【魚いろいろ】

スペインギャラリー Vol.1【お祭りの屋台の写真いろいろ 食べ物編】