スペイン料理

ホーム >  スペイン広場 >  スペインギャラリー

スペインコラム

スペインフォトギャラリーです。

スペインギャラリー Vol.7食材いろいろ

左:(青唐辛子)の酢漬け 右:ピンチョス

ギンディージャ/guindillaまたはピパラ/piparra (青唐辛子)の酢漬け、アンチョビ、オリーブの実をつまようじにさしたものはバスクのピンチョスの王道「イルダ/hilda」。

左:野菜の酢漬け、ピクルス 右:ケッパーの実の酢漬け

エンクルティードス/encurtidos (野菜の酢漬け、ピクルス)。小タマネギ、人参、ミニキュウリ、赤ピーマン、オリーブなど。好きな人はそのままでポリポリ食べる。
いろいろなピクルスを串に刺したものは「バンデリージャ/banderilla」と呼ばれる。イワシの酢漬けを間に挟んだものも人気。  

左:CAVIAROLI  右:マルメロの砂糖煮

「CAVIAROLI」は、オリーブオイルのキャビア/Caviar de aceite de oliva (キャビアール・デ・アセイテ・デ・オリーバ)の商品名。バルセロナの同名の会社が開発し、販売中。ごく薄い膜でつつまれたエキストラバージンオイルは、口の中ではじけてオイルが出てくる。  他、ごま油、ヘーゼルナッツオイル、バジル風味、ローズマリー風味、鷹の爪入りも販売中。60度まで形状を維持するので温かい料理にも使用が可能。

ドゥルセ・デ・メンブリージョ/dulce de membrillo (マルメロの砂糖煮)の6kg缶。

左:イチジクの甘酢煮  右:(上)黒トリュフ、(下)白トリュフ

サモラ産イチジクの甘酢煮/higos agridulces (イゴス・アグリドゥルセス)。
伝統的な甘酢煮は、イチジク、酢、砂糖を同量でコトコト煮たもの。色ももっと黒っぽい。このメーカーのものはマスタードと唐辛子入り。甘酸っぱく、ピりっとした辛味もある。サラダやアペリティフに。

フランス産の栽培ものの黒トリュフ/trufa negra (トゥルファ ネグラ)、200ユーロ/s。やや香りが弱い印象。 イタリア産の白トリュフ、2800ユーロ/kg。

バックナンバー

スペインギャラリー Vol.28【年始のマドリッドのセントロ地区その2】

スペインギャラリー Vol.27【年始のマドリッドのセントロ地区その1】

スペインギャラリー Vol.26【アビラ/Avila 後編】

スペインギャラリー Vol.25【アビラ/Avila 前編】

スペインギャラリー Vol.24【マドリッドのコロン広場】

スペインギャラリー Vol.23【見本市サロン・デ・グルメ2016/Salon de Gourmet 2016】

スペインギャラリー Vol.22【野菜いろいろ】

スペインギャラリー Vol.21【ア・コルーニャ/A Coruna】

スペインギャラリー Vol.20【ムセオ・デ・セラ/Museo de Cera】

スペインギャラリー Vol.19【鶏の丸焼き】

スペインギャラリー Vol.18【アート・サイエンス・シティ】

スペインギャラリー Vol.17【バレンシアへの1泊駆け足旅行】

スペインギャラリー Vol.16【メルカード・セントラル/Mercado Central】

スペインギャラリー Vol.15【週末のランチに招待してくれる友人宅】

スペインギャラリー Vol.14【マドリート】

スペインギャラリー Vol.13【ナビダー】

スペインギャラリー Vol.12【エル・プエルト・デ・サンタ・マリアその2】

スペインギャラリー Vol.11【エル・プエルト・デ・サンタ・マリアその1】

スペインギャラリー Vol.10【ショーウィンドウ】

スペインギャラリー Vol.9【パルケ・エウロパ(ヨーロッパ公園)】

スペインギャラリー Vol.8【マドリッド市内東側サラマンカ地区周辺のバルやカフェ】

スペインギャラリー Vol.7【食材いろいろ】

スペインギャラリー Vol.6【 王族の庭園「レティーロ公園」】

スペインギャラリー Vol.5【飲食店の従業員食「まかない」】

スペインギャラリー Vol.4【クリスマスいろいろ】

スペインギャラリー Vol.3【食材いろいろ】

スペインギャラリー Vol.2【魚いろいろ】

スペインギャラリー Vol.1【お祭りの屋台の写真いろいろ 食べ物編】